お知らせ ビープラウド、機械学習・データ分析の問題をオンライン学習サービスPyQにて提供開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

4月

28

インターネット老人会β

募集内容

参加枠1

無料

参加者数
0

イベントの説明

-- 参加方法 --

1 時間になったら下記URLにアクセスする

http://twitcasting.tv/caffelover

2 話したくなってきたらSkype(ID: caffelover)に発信する。

※勿論配信前から会話に入って頂いても大丈夫です。

-- 参加方法 --

TwitterとFacebookが台頭し、しばらく動きがないかと思われたSNS界に彗星のごとく現れたMastodon。そこに漂う空気と、忘れかけた「あの頃のインターネット」との類似点を指摘する人々が現れています。

あの頃のインターネット。

まだまだ普及途上にあったインターネットには個性的なユーザーが集まり、独特のカルチャーを作り上げていました。 そこで起こった騒動や祭り...ところが、インターネットを探ってみると、意外に90年代後半~00年代のネット年表がないことに気付きます。

ネオむぎ茶事件(※1)、湘南ごみ拾いオフ(※2)、ハピマテ祭り(※3)...

これらの空気を演出した人々はアーリーアダプターであり、新しい「面白い人が集まる空間」を探しては集結し、その空間が陳腐化するとまた別の場所を探してきました。それはブログでありmixiであり、FacebookでありTwitterでした。

この配信では、「ああ、あれあったあった!」という出来事を収集し、年表としてまとめることにより、現代インターネット史を作ることを目指します。

そしてその年表が完成した後、再度配信を行い、これを肴に徹夜で語り明かします。

民話や言い伝えは、共同体の記憶であると言われます。共同体内で語り継がれる物語は、有限である個人の生を離れ、複数の人物を介して保存されていきます。

主宰はここで、これとは逆の現象を考えます。つまり、同じ歴史や物語を共有する人々を集めた時、それが新たな共同体となるのではないでしょうか。

少し斜に構えながらも、メインストリームに対して一矢報いようと必死だった集団の再結集は、再びあの、いかがわしくも面白い空間を実現するかもしれません。マストドンにあの頃を見る人々の出現からは、その空間への根強いニーズが読み取れます。

※1 ネオむぎ茶事件: 2000年に起こった西鉄バスジャック事件の別称。当時17歳の少年が、2ちゃんねるに犯行予告の書き込みを行っていたことが話題になった。「ネオむぎ茶」は少年のハンドルネームから。

※2 湘南ごみ拾いオフ: 2002年に行われた、フジテレビ27時間テレビのごみ拾い企画を、事前にごみ拾いをすることで妨害しようというオフ。当日は数百人の「2ちゃんねらー」が湘南に集った。マジョリティへのカウンター意識が強かった、当時のネットユーザーの性格がよく表れている。

※3 ハピマテ祭り: 2005年、アニメ「魔法先生ネギま!」の主題歌をオリコン1位にしようと当時のネットユーザーがシングルCDを買いまくった祭り。当時はアニメの主題歌がチャートインすることはほぼなく、ネットユーザーの間には「アニメを中心としたオタクカルチャーが冷遇されている」という感覚があった。「マイノリティであるネットユーザの文化でマジョリティ文化を叩き潰す」という強い集団的意思が感じられる。

資料 資料をもっと見る/編集する

資料が投稿されると、最新の3件が表示されます。

フィード

caffelover

caffelover さんが インターネット老人会β を公開しました。

2017/04/27 22:14

インターネット老人会β を公開しました!

グループ

解放区

今、ここではない、どこかへ。

イベント数 12回

メンバー数 50人

終了

2017/04/28(金)

22:00
2017/04/29(土) 02:30

募集期間
2017/04/27(木) 22:00 〜
2017/04/28(金) 22:00

会場

Web

Web

管理者